2017年07月08日

イベント告知!8/5 アニメアートまんが祭 

man2.jpg
2日目の告知です。
声優講演会なんです。大阪エンタテインメントデザイン専門学校の協力で
なんと
なんと
なんと
今年は
國分優香里さん
バレッタ裕さん
が来校されます。國分優香里さんは昨年に引き続き来ていただく事になりました。ほんとにスゴイお二人です。
(Wikipediaのリンクをはります)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%8B%E5%88%86%E5%84%AA%E9%A6%99%E9%87%8C
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BF%E8%A3%95
どうです。今人気のプロ声優のお話を聞いてみませんか??
昨年、講演会のお話に感銘をうけて、本校でも声優を目指す人も増えました。今回は宣真代表もステージに立ちます。成長した姿を見せることは出来るのでしょうか!(先生は心配です。)

もちろん、参加してくれる中学生の皆さんもアフレコが体験できます。このイベントで入学前に友達ができた人もいるみたいです。

さて、1日目と違う方向性のイベントですがいかがでしょうか。時間は短いですが2日目もスケブ交換会はします。
sanka.png
➀スケブ交換用ミニクロッキー帳 
みんなとイラスト交換しましょう。先輩もどんどん描いてくれるよ。
➁おやつです
絵を描くとお腹が減るよね。普段ランチルームで販売されている。人気メニュー(カラアゲ)です。

➂なんと、今年もあのお二人の(サイン)が抽選でプレゼントされる・・・かも

やっぱり2日目は人気です。予約がどんどん入っています。まだまだお席はあるので、ちょっとミーハーな気分で遊びに来てください。(1日目、少ないのでゆっくり話せるかも。1日目もよろしくおねがいします。)
tizu.png
参加方法は
➀ホームページ イベント参加フォーム(宣真のHPのページを見つけてくださいね)
➁電話
➂イベントガイドのはがき
ホームページが一番簡単かな。

夏です。アニメ・アート好きが元気になるイベントになるように頑張ります!




posted by sgh5 at 15:56| アニメ・アートコース

8/4アニメアートマンガ祭1日目 告知します。 

man1.jpg

最近更新が滞っていました。すみません。アニメアートの高橋です。
中学校の授業で、もっと時間があればもっとアニメアートの楽しさを感じてもらえるのに!という思いから、
宣真高等学校では今年もやります!今回は【第2回 宣真まんが祭】の告知をさせて頂きます。

今年のまんが祭は生徒によるイベントを強調させていただきます。まず第一日目はワークショップ&スケブ交換会です。ワークショップは、いつもの授業風景がわかります。デッサンしたり絵を描いたりコンピュータをさわったり。アニメアートの1週間を再現します。
i1.png

(アニメ)ブース
➀アニメーション部の部誌を特別に無料配布します。
➁缶バッチ制作をもう一度やってみませんか。
⓷スケッチブック交換会 (先輩たちにもイラストを描いてもらえる!自分たちでも自由に描ける)
i2.png

(アート)ブース
➀クロッキー大会
➁プラ板アート
i3.png

(デジタル)ブース
➀ペンタブ体験
➁デジタルストップモーションアニメ体験
があります。きっとこの時間だけじゃ足りないハズ。2日目にはないイベントなので参加よろしくお願いします。
sanka.png

さて、お楽しみの今年の参加者プレゼントは!!
【スケブ交換会用、ミニクロッキー帳】
です。これで交換会は参加可能ですね。自分のお気に入り筆記用具をもってくれば、バッチリアニメアートが楽しめます。
アクセスは、阪急石橋駅です。
acsess.png

参加方法は
➀ホームページ イベント参加フォーム(宣真のHPのページを見つけてくださいね)
➁電話
➂イベントガイドのはがき
ホームページが一番簡単かな。

それでは、次回は2日目の説明です。さようなら。
posted by sgh5 at 15:19| アニメ・アートコース

2017年05月14日

「アニメ・アートコース 陶芸教室」

5月12日(土)13:30〜アニメ・アートコース1年生が「陶芸」に挑戦しました。
今回は草葉善兵衛商店さんにご協力いただき、「お茶碗」を作る体験をしました。
粘土から土台を作り、ロクロをまわしてそれぞれ好きな形にお茶碗を作り、絵付けをしました。
制作した作品を草葉商店さんに窯で焼いてくださり、後日完成したものを持って来ていただきます。
どんな風に出来上がるか楽しみです。
アニメ・アートコースの授業はパソコンやキャンバスに絵を描くというイメージが強いのですが、本校では粘土や革を加工、アクセサリーの鋳造、染め物など生活に密着した雑貨を作る授業もたくさんあります。
身の周りにはアートがたくさん溢れているんですね。
アートの幅広さを実感でき、イラストだけでなく、いろいろなアートに触れることができるのも、本校のアニメ・アートコースの特徴です。
1年生のアニメ・アートコースの皆さんもこれからいろいろなアート作りに挑戦してくださいね。
IMG_4416.JPG

IMG_4417.JPG

IMG_4419.JPG
粘土で土台作りです。

IMG_4425.JPG

IMG_4429.JPG
草葉商店の先生方が熱心に指導してくださいました。

IMG_4449.JPG

IMG_4456.JPG

IMG_4464.JPG

IMG_4474.JPG

IMG_4476.JPG

IMG_4477.JPG

IMG_4478.JPG

IMG_4479.JPG

IMG_4481.JPG
絵付けをしました。
みんな、個性溢れるデザインですね。

IMG_4451.JPG
担任の先生も真剣。


posted by sgh5 at 14:47| アニメ・アートコース

2017年03月13日

うれしいお知らせ

先日、卒業生が遊びに来てくれました。
宣真高校は卒業生がよく遊びに来てくれます。卒業後どんな活躍してくれるのか先生も興味深々です。
今回は、H先輩が、なんと「グループ展」のご案内でした。
美術作家は制作した作品を色々な形で発表します。
コンクール形式の(公募展、団体展)個人やグループで場所を借り切る(個展、グループ展)などです。
・公募展は審査員や団体会員の審査を経て、個人の技量が磨かれていきます。
・個展やグループ展は、観客や参加する作家の影響をうけ磨かれていきます。
どのような形でも、表現というものは他者の目線の中で磨かれていくものでもあります。

さて今回は、「まばたきねん」という展示名です。DM(個展やグループ展を開くときに告知のためにハガキを作ります。新聞社や専門誌だけでなく、見に来て頂きたい人に配布します。)をもってきてくれました。

「気にも留めない些細な事象たち、思い出として残したいもの」と「まばたき×記念写真」として、成安造形大学に在学中の4名が、京都の写真+アートの展示をします。
日時:3月28日〜4月2日
時間:12:00〜20:00(最終日は18:00まで)
場所:MEDIA SHOP gallery 京都市中京区河原町三条下る一筋目東入る大国町44VOXビル1F
協賛:成安造形大学教育講演会
DSC05734.JPG
ちょっと遠いけれど是非ご覧ください。どんなグループ展になるのでしょうか。
みなさんも先輩の活動に期待していてくださいね。
(詳しくは、美術第一教室に掲示してます。)

今の若い作家が何を考え、どんな表現につなげるのか?先生も楽しみにしています。









posted by sgh5 at 17:16| アニメ・アートコース

2017年03月08日

高野山からうれしい知らせが届きました。

高野山から「高野山教報」が届きました。
以前もこの場所でお伝えしたのですが、2016年度「人権啓発作品」の記事に、入賞した宣真高等学校の生徒作品が掲載されました。
 高野山真言宗では毎年、御大師様の「生かせ いのち」のみ教えに基づき、生きとし生けるものと共に歩む教化活動を展開することを通じて、人も自然も互いに尊重されて生きる社会作りを目指されています。本校でも毎年応募し御大師様の教えを身近に感じるため、美術の授業を通じ人権啓発ポスターを制作しています。
本年度も多くの生徒が入賞し掲載していただくことが出来たのでご報告します。
20170308130347_00001.jpg

それでは、金賞を受賞した1年6組枦山凪夕さんの作品
hazeyama.jpg
選考委員の結城幸夫さんの選評
「きれいなイラストですね。丁寧に描き込まれています。大切に温めた心=命が、大きくみんなに広がり共有されていくことを願っていることを感じさせます。」

「銀賞」1年6組小倉結佳さんの作品
ogura.jpg
選考委員の結城幸夫さんの選評
「乳児や児童の虐待が報じられる悲しい昨今ですね。このイラストのように母親に抱かれてにこやかな笑顔を見せる子供は、この胸が一番やすまるのでしょうね。共に歩む優しさ大切さが表現されています。」

「銅賞」1年6組中間愛美さんの作品
nakama.jpg
「蓮の花に寄り添って雨をしのぐ動物たち。ほのぼのとした柔らかいタッチのイラストがこのやさしさにピッタリています。」

素晴らしい作品ですね。
みなさんは良い絵とはどんな絵と考えますか?先生は絵は心伝える手段ではないかと考えています。技術的に優れた絵でも他人の心に届かない場合もあります。ためしに(絵をもらった人が喜ぶ顔)を想像して絵を描いてみてください。きっと良い絵が出来ると思います。
今回の作品はそんなことを感じさせる、心のこもった作品ではないでしょうか。




posted by sgh5 at 14:00| アニメ・アートコース

アニメーション部【ハイグレード!!】缶バッチ制作

E382BFE382A4E38388E383AB-thumbnail2[1].jpg

アニメーション部の活動です。
新部長体制になって、徐々に部活としての頑張りが期待されるアニメーション部です。
本年度も、新人歓迎部誌、文化祭部誌などどんどん発行していきたいですね。

今回は「もっと、アニメーション部の活動を知ってほしい!」ということで、
学内展示用のものを作ろうと相談していたのですが、久々に缶バッチを作ってみたいとの声から、今回はハイグレード缶バッチということで、本気で缶バッチイラストを作ってみることにしました。約3日間ぐらい、部活中に本気で小さな缶バッチに描きました。みんなうまくなってきたなー。
DSC05556.JPG
これは、先生のお気に入りなんですが月猫さんのクラゲの缶バッチです。ユラユラとしたクラゲが涼しそうに泳いでいます。なかなかロマンチックです。
DSC05558.JPGDSC05559.JPGDSC05560.JPGDSC05561.JPGDSC05563.JPGDSC05564.JPGDSC05566.JPGDSC05567.JPGDSC05568.JPGDSC05569.JPGDSC05570.JPGDSC05571.JPGDSC05572.JPGDSC05573.JPGDSC05574.JPGDSC05575.JPGDSC05576.JPGDSC05577.JPGDSC05578.JPGDSC05580.JPG
(みんなのバッチ掲載できたかな?)うーんうまいなあ〜上達したね。

さて、アニメーション部は絵がうまい人だけが集まる部活ではなく「アニメ、マンガ、ゲームの良さをみんなに伝える」ことが大切だと思っています。マンガを描いてもいろんな人に面白さが伝わる努力をしないと、やっぱり自己満足になってしまいますね。いろんな人が大好きなイラストを描きながらどんどん人の和が広がっていけるような活動ができたらいいなあと思っています。これを読んでいる4月入学の中学生のみんなも総合、保育、看護、アニメアートの垣根なくどんどん遊びに来てほしいと思っています。
 絵が好きな人集まれ!


posted by sgh5 at 10:45| アニメ・アートコース

2017年03月07日

平成28年度「アニメ・アート制作展」実施しました。

平成29年1月19、20、21日の三日間、毎年恒例「アニメ・アート制作展」(卒業、進級制作展)を実施しました。
今年は校舎建て替えのため、校舎内で実施することになりました。
最終日の作品講評会にむけて、3、2、1年が頑張りました。

DSC05525.JPG
(1年生、アニメーション部合同制作の入場門です。)
DSC05526.JPG
(大阪成蹊大学様からは、お花のプレゼントが届きました。)
最終日の21日は、保護者の方を含めたくさんの来場者の方に来て頂きました。
卒業生も来てくれてうれしい再会です。(みんな元気そうですね!忙しくて来ることが出来なかった卒業生のみなさんごめんなさい。)
DSC05545.JPG
DSC05530.JPG
今年もたくさんの先生に来て頂きました。

 OCA大阪コミュニケーションアート専門学校  吉川千晶先生
 大阪成蹊大学 芸術学部            市毛史朗先生
 嵯峨美術大学                 神谷三郎先生 安西レオ先生

色々なアドバイスを頂きながら、何かのヒントを見つけることが出来たのではないでしょうか?
DSC05538.JPG

やっぱり3年生が主役の講評会です。今年もいろんな作品を作ってくれました。
s8.JPG
s5.JPG
s1.JPG

2年生もがんばってます。
21.JPG
29.JPG
28.JPG
1年もです。
su2.JPG
su1.JPG

みんながんばったね。
実は作品には、良い悪いはないのではないでしょうか。
上手く描けて人も、失敗してしまった人も多くの経験を得ることが出来たと思います。
「経験は宝物」です。先生も君たちに多くの勉強をさせてもらった今年の制作展でした。

講評をして頂きました、大学、専門学校の先生方ありがとうございました。
3年のみんなお疲れさまでした。みんなありがとう。













posted by sgh5 at 19:06| アニメ・アートコース

大阪エンタテインメントデザイン専門学校プレゼンツ【グランブルーファンタジーオーケストラコンサート】プレゼント

去る2016年10月10日に開演された【グランブルーファンタジーオーケストラ】に高専連携授業でお世話になっています、大阪エンタテインメントデザイン専門学校から「是非、本物を肌で感じてほしい」との素晴らしいプレゼントがあり、なんとS席2名の生徒をご招待いただきました!
厳正なる抽選の結果1年6組のKさんとNさんが当たりました。(仲良し2人組でよかったね)

【グランブルーファンタジー】って知っていますか?あの有名なゲームです。
(このゲームはCygamesが開発し、Mobageが提供するスマートフォン向けソーシャルゲームである。公式の略称は「グラブル」、キャッチフレーズは「君と紡ぐ、空の物語」です。(ウィキペディアから引用))
そう大人気ゲームなんです。その音楽をオーケストラで再現するこのイベントなんです。
グラブル1.png
(公式HPから)


さあ、幸運なNさんにレポートをしていただきましょう。
「10月10日に大阪のザ・シンフォニーホールで実施された、グランブルーファンタジーオーケストラに行ってきました。オーケストラはテレビや学校の音楽の授業などで数回聞いたことがあるのですが、生では初めてで、とてもうきうきしながら会場に向かいました。
 会場に着くと、沢山の人で埋め尽くされていました。この場にいる人達は自分と同じく楽しみにしてきたのだと思うと、好きなゲームのオーケストラなので、まるで自分のことのようにうれしくなりました。
 普段ゲームで何気なく流れていた音楽がプロの交響楽団の方たちによって演奏され、元の倍以上に素晴らしい音楽になっていきました。オーケストラは実際に聴いてみると迫力がすごくて、鳥肌がおさまりませんでした。前半の演奏が終わり20分の休憩があったのですが、後半の残りの曲が楽しみで休み時間がとても長く感じられました。」
Kさんのレポートです。
「やっぱりグラブルは最高だなと思いました。作曲者の方のお話もすごく面白かったですし、指揮者の方は見てて面白かったです。キレがよく、ジャンプしていたのも面白かったです。機会があればまた行きたいです!」

どうやらどっぷり【グラブル】の世界に入り込めたようですね。本物はやっぱり凄かったようです。
プレゼントしてくださった、大阪エンタテインメントデザイン専門学校の先生、素晴らしい機会を与えてくださってありがとうざいます。
posted by sgh5 at 18:30| アニメ・アートコース

2016年12月22日

アニメ・アートコース  イベント 大阪エンタテインメント専門学校、宣真高等学校 職業理解イベント実施しました。

大阪エンタテインメントデザイン専門学校 協力 職業体験授業報告

 プロフェッショナルの現場の風が感じられる濃い2時間になりました。
プロフェッショナルとは?本来の意味は「職業上の」で、その分野で生計を立てていることを言います。
 今回は、(デザイン)(キャラクターデザイン)(声優)の3分野に分かれてのチャレンジです。

写真A.JPG
 まず、第一線で活躍されている、第一線で活躍される、声優によるトークショーからスタートです。お馴染みの津川先生による司会で、景浦大輔先生、竹内仁美先生、バレッタ裕先生から、現場の空気をどんどん聞き出して頂けました。
 爆笑に次ぐ爆笑。ときより感じられるプロの厳しさを聞きながら、(声を職業にする)魅力を感じることが出来たのではないでしょうか。

 その後、3グループの講座に分かれ講座スタートです。
写真E.JPG
写真F.JPG
写真G.JPG
デザイン分野です。
 Tシャツデザイン(デザイン分野)です。イラスト→パソコン編集→Tシャツ印刷という流れの中のイラスト制作を行いました。アイロン転写ではなく、本格的な転写プリントです。転写プリントとはアイロンプリントと原理は同じですが、業務用の転写紙を用いているので洗濯してすぐに剥がれるといったことはありません。
写真C.JPG
写真B.JPG
写真D.JPG
 キーホルダー制作では、コピックの専属イラストレーター(株式会社トゥーマーカープロダクツ)ばびりぃ先生によるコピック講座からスタートです。まず、本当にばびりぃ先生は上手い!学校にある同じコピックでこんなに多彩な表現ができるなんて!実物を見ると本当にびっくりしました。
(ばびりぃ先生の紹介ページ)http://copic.jp/works/babiry/
 先生も思わずメモをとってしまうような内容でした。
写真H.JPG
声優講座は、直接一人ひとり豪華声優陣からの直接指導、アドバイスを頂けました。
発声練習やアテレコ体験。あこがれの声優さんに直接指導頂いた参加者は感激しっぱなしでした。本気がもっと本気になりそうです。

 今回の体験も普段はなかなか出来ないことです。一流にふれてぜひもっと本気になることが出来たのではないでしょうか。素晴らしいクリスマスプレゼントになりましたね。

 大阪エンタテインメントデザイン専門学校の先生ありがとうございました。

posted by sgh5 at 13:25| アニメ・アートコース

2016年12月15日

アニメ・アートコースイベント(中学生のみなさんも参加できます!)

アニメ・アートコースイベント(中学生のみなさんも参加できます!)

予告していました。アニメ・アートコースイベントを告知します。
大阪エンタテインメントデザイン専門学校のご協力により、素晴らしいイベントになりそうです。
サムネイル.gif
▼詳細はこちらから
職業体験会@告知用チラシ1221.pdf

今回も中学生(2年生、3年生)のみなさんも参加が可能です。
興味のある方は、Eメール
nyushi-senshin@mbg.nifty.com
に、以下の内容をご記入しご応募ください。

@、お名前
A、出身中学校
B、連絡先(お電話、メールアドレス)
C、チラシに書いてある希望のコース(Tシャツ作成、キーホルダー作成、声優体験)
D、参加者人数(参加される方も、制作に参加される場合はご記入ください。)
(*当日は、会場(池田市民文化会館)に直接、お越しください。)

 12月21日(水)13:30〜17:00 池田市民文化会館

にて、お待ちしています。

posted by sgh5 at 16:36| アニメ・アートコース

2016年12月03日

 緊急告知! 大阪エンタテインメント専門学校、宣真高等学校 職業理解イベント実施を実施します!

 緊急告知! 大阪エンタテインメント専門学校、宣真高等学校 職業理解イベント実施を実施します!

1.実施目的
デザインする職業、キャラクターを活用した職業、声を使う職業、の3つの職業について
それぞれの職業を理解して頂く為の、職業理解体験型イベントを実施します。
この職業理解イベントは、大阪エンタテインメントデザイン専門学校キャリアサポートセンターが主催する
もので、適切にデザインと言うものを理解して頂き、将来の進路決定において、この体験で得た知識を活か
して頂きたいとの思いから行うものです。

2.実施日時
実施日:2016年12月21日
時間 :13:30 〜 17:00

3.会場   池田市民文化会館
4.メニュー
一覧.png
★(1)デザインの仕事体験
 Tシャツのデザインを行なって頂き、デザインの仕事を体験して頂きます。

★(2)キャラクターを活用した商品化体験
 自分たちが描いたキャラクターがどのように商品化されていくのかを体験して頂きます。

★(3)声の仕事体験
 声優の仕事を、大阪エンタテインメント専門学校所有のコンテンツを使用してアテレコ体験して頂きます。

(その1)T シャツ(デザインの仕事体験)
Tシャツ.png
 プリントアウト転写ではなく本格的なシルクプリント印刷!
 インクを厚く塗布することが可能で、耐候性にも優れており、様々な形状に印刷することができる。

(その2)アクリルキーホルダー!(キャラクターを活用した商品化体験)
アクリルホルダー.png
 コピックで彩色したイラストをアクリル樹脂でキーホルダーにします。
 これは、缶バッチなんかよりもっとスゴイ!完成はまさに商品です。

(その3)豪華声優陣!によるアテレコ体験と声優さん直接の進路相談。
景浦大輔さん  ⇒  http://www.power-rise.jp/kageura_daisuke.html
竹内仁美さん  ⇒  http://www.power-rise.jp/takeuchi_hitomi.html
バレッタ裕さん   ⇒  http://www.power-rise.jp/balletta_yutaka.html



またまたスゴイ声優陣です。プロのお仕事拝見させていただきましょう!!
さて、今回は希望者60名です。先生から配布される、参加希望用紙に書き入れてチャレンジしてください。

 それではお楽しみに!







posted by sgh5 at 16:08| アニメ・アートコース

2016年11月22日

受賞の報告をしました。

本日、本校に大阪成蹊全国アート&デザインコンペティションの賞状と記念品が届き、校長先生へ受賞の報告に行きました。
01.jpg
(校長先生、大谷さん、事務長先生、アニメアート高橋)

02.jpg
とても、立派な記念のカップと賞状です。
うれしい話は何度聞いてもうれしくなりますね。







posted by sgh5 at 18:56| アニメ・アートコース

2016年11月21日

大阪成蹊大学第6回「大阪成蹊全国アート&デザインコンペティション」アニメ・アートコース2年生、大谷紅寧さん毎日新聞社賞受賞

大阪成蹊大学
第6回「大阪成蹊全国アート&デザインコンペティション」
アニメ・アートコース2年生、大谷紅寧さん
毎日新聞社賞受賞


今年で6回目の開催となる「大阪成蹊全国アート&デザインコンペティション」の審査が行われ、高校生の部1,118点、中学生の部761点、合計1,879点の応募作品の中から、本校アニメ・アートコースの大谷紅寧さんの「さぁ・・・・はじまるよ!」が毎日新聞社賞に入選しました。

ootani.jpg

審査にあたられた、斎藤貞三郎氏(毎日新聞社大阪本社学芸部長)の講評を転載します。

「ゆったりと目を閉じる黄色い三日月と、そんれを意識するような白い月。全体的に落ち着いた色彩が深い森を思わせる。一見、混沌としているが、風船をくわえている小鳥はもちろん、小さな虫や花たちもさりげなく存在をアピールしている。中学生の時から入賞を続ける作者の変わらぬ世界観が、今回もバランスよく表現された。かすかに明るい上空から何か始まる予感を覚えるが、それはいったい何だろう。見る者の想像の幅を広げたところにも成長が見てとれる。」
 素晴らしい講評ありがとうございます。

賞を受賞した理由に、継続性があります。忙しい毎日の中で、作品そして自分自身と向かい合いあうことが出来た事が、今回の結果につながったのではないでしょうか。
美しいものは自分たちの身の回りにあります。そうしたものを丁寧に見つけ出す大谷さんの次の作品はどんな作品になるのでしょうか?楽しみです。本当におめでとう。


大阪成蹊大学、大阪成蹊全国アート&デザインコンペティション審査結果
http://univ.osaka-seikei.jp/news/173
posted by sgh5 at 10:16| アニメ・アートコース

2016年10月17日

アニメ・アートコース(クリエイト授業)の作品紹介&ア二部活動報告

2年生は、あともう少しで修学旅行です。(ハワイ)(石垣)楽しみですね。準備は進んでいますか??
さて、今回はクリエイトの授業を紹介します。クリエイトは、市川先生の指導のもと(クラフト・工芸領域)という位置づけで週に2時間あります。ここではなんと(絵を描かない授業)という方針の授業が進められています。(美術)イコール(絵を描く)だけでなく、工作や裁縫など、素材を工夫して作品につなげる工夫や技術を伝えていきたいと考えています。

それでは、フェルト作品の「パックンフラワー財布」です。
01.jpg
フェルトは羊毛(ようもう)から作られています。羊の毛です。それをシャンプーでこすり合わせ布を作り出します。皆さんの服も(植物繊維)(動物の毛)(化学繊維)などから出来ているのですが、フェルトは羊の毛です。ワイワイと2年生が手仕事で布を作る姿は、はるか昔の時代を感じさせます。
 「パックンフラワー財布」は2年のKさんの作品です。「先生、完成したでー」と持ってきてくれたのでブログにアップしました。
パックンフラワーとは
パックン.jpg
これです。任天堂のスーパーマリオに出てくる敵です。アニメアートっぽくマニアックでいいですね。思わず笑ってしまいました。丁寧に作られています。チャックをパクパクさせて遊んでしまいました。
 ところでKさんの普段の作品は
02.jpg
 水彩が得意です。ポケモンが好きなのでモンスターをイラストにさらっと登場させるところに、こだわりと技術を感じます。2年になってから、どんどん積極的に作品を作っているので次はどんな作品を作ってくれるのか楽しみです。マンガ祭などにも積極的にお手伝いしてくれるので、中学生の皆さんにも、もうおなじみかもしれませんね。(おしゃべりの楽しい先輩です。)


タイトル.jpg
 アニメーション部の紹介です。文化祭で3年生から2年生にバトンパスしたので、新生ア二部はどんな活動してくれるのでしょうか?
 今回は、「しらたまソーダ」こと2年のTさんのイラストです。しらたまソーダさんはコピックを使ったイラストが得意です。
03.jpg
う・・・うまい。愛があふれています。

04.jpg
 こちらは創作です。背景にも積極的にチャレンジしてます。コピックの鮮やかな色使いが効果的です。楽しい気分にさせてくれますね。シルクハットの少年と子供にはどんな物語があるのかな。
 今回はしらたまさん特集でした。オープンスクールでも缶バッチを作っているので、中学生のみなさんもお気軽に、感想や声援をくださいね。

 今、アニメアートコースは進級制作、卒業制作に入っています。どんな物語が絵に描かれることになるのか・・・・楽しみです。
posted by sgh5 at 10:06| アニメ・アートコース

2016年10月06日

美術・工芸部ポストカード原画

01.jpg
少し遅くなりましたが、宣真高等学校で実施された「なでしこ祭」で販売したポストーカードの原画を紹介します。
02.jpg
トップバッターは3年Yさん。受験で忙しいなかビシッと決めてくれました。ライフワークの(美少女)と(海)ですね。ゆらゆら波間に漂うイメージに癒されます。
00a.jpg
A部長です。本人のこだわり「カワイイ」世界はみなさんに伝わってますでしょうか。右側は、シール用の原画ですね。
03.jpg
3年Nさんですね。世界観の表現は出来てます。情報量はしっかり入っているね。ファンタジーは(架空現実)です。しっかりこの世界をイメージし資料を調べながら描いたのが伝わります。
09.jpg
左絵は初めての登場です。1年生I さんです。女子高生の放課後が伝わってきそうですね。
右絵は3年Sさん。受験で忙しいところありがとう!
a04.jpg
a01.jpg
2点とも3年Sさんの作品。デジタル作品磨きがかかってきましたね。
04.jpg
05.jpg
06.jpg
07.jpg
08.jpg
10.jpg
a05.jpg
今回は普段にもまして質の高い作品になりましたね。普段の活動より?愛があふれてます。小作品ですが熱がこもってます。これらの作品の一部は2016年宣真高等学校作品集「ダッシュ」にアニメーション部の作品とともに掲載します。10月中にはみなさん学校にお届けします!
中学生のみなさんはダッシュ楽しみにしてくださいね。


posted by sgh5 at 14:20| アニメ・アートコース

2016年09月26日

アニメーション部活動報告です。

アニメーション部の活動です。

タイトル.jpg
今回は、9月に行われた、なでしこ祭でのアニメーション部作品展の作品の一部を紹介します。
今回も力作を紹介できます!
c.jpg
D.jpg
これはきれいですね!背景も含めしっかり塗られています。単純なことだけと画面全体で絵を表現するのでやっぱり、白い部分なくしっかりと全体に手が入った作品はめだちますね。2点目もコピックの色使いが個性的できれいです。髪の毛の反射部分の表現がとっても良いです。青髪の青年の髪の反射部分(天使の輪ですね。)が青一色で終わらず、紫、水色、緑などが配色されており、きらめく感じが表現されています。この2点の色の使い方は、みんなに真似して欲しいところです。
 今後は全身でもっとイラストを表現してほしい!もっと世界観を1枚の絵で魅せきる構図の力を養うともっもっと個性が表現できますよ。

a.jpg
 次の2点も力作です。上の作品を書いたOさんは、2年生らしく、ポーズをしっかりマスターしているので今後の成長が予感されます。2人の表情がとても良く。この物語はどんな物語だろうかと惹きつけられます。背景も研究中なので今後が楽しみです。
下の絵も物語が感じられますね。先生がイイナと思っているところは、髪型の変化をしっかり表現しているところです。女子高らしくみんなやっぱりファッションは気になっているはずです。だからこそキャラの髪型は重要です。結んでみたり、アンシンメトリーにしてみたり、自分がやってみたい髪型をどんどんデザイン化すべきじゃないかな。
 表情も変化をつけているので物語が感じられ、この2点は◎です。惜しいのは背景!もっとドラマチックに盛り上げてね。背景をつけると雰囲気がUPしますよ。

b.jpg
左の作品はチャレンジが感じられます。3人の関係がうまく描かれています。いいですね。
惜しいのは背景。たぶん街なのかな。街はこんな風に側面から描くのは良いと思うのですが、窓や扉はその時代で変化するので、ちょっとヨーロッパの窓や扉を調べ、デザインとして取り入れると絵が何倍もかっこよく見えます。 たとえばこんな扉とか・・・・
usj.jpg
(写真はUSJのハリポアトラクションです。)研究してね。
右は、おしゃれな感じがしますね。色の塗り方が丁寧でいいね。背景はないけど、画面配置は良いね。対角線にキャラを配置して(X構図と呼ばれる構図です)バランス感を感じます。青い少女の髪の毛の流れがなかなかバランスよく配置されてます。◎です。

E.jpg
左の作品ですが、目の描き方に個性を感じます。瞳に深いこだわりを感じます。構図ですがせっかくのリボンですから下側に固めずにもっと全体の配置を意識すると良いですね。
右の作品はかわいいなあ。かわいい。もう少し構図の意識を持てばもっと世界は広がるよ。この2人は、草原で花輪を作っているのかな? 王子と姫なのかな。広がりそうな世界なので今後は楽しみです。

新宮.png
デジタル作品です。ベールをかぶった少女。ミステリアスですね。
主題である女の子の色の深さはなかなかです。もったいないのは上側の模様です。少し派手なのでコントラストが強すぎて女の子より目立ってしまっていますね。レイヤーの不透明度を下げてもう少し印象を弱めても良いのではないかな?デジタルは好きで続けていくとどんどん上達するものです。また授業で質問してね!

なかなか、今年も実力が向上してきました。次の作品も期待します。
posted by sgh5 at 20:40| アニメ・アートコース

2016年08月30日

センシン デジタルイラストレーション2 (夏休み自主作品)

夏休み自主作品の続きです。

学校用.jpg

1年生木村さんの作品です。
 1年生のレベルではないですね!迫力あるイラストレーションですね。特にモンスターいいですね。ドラゴンです。王道のデザインですが、木村さんのように一度きちんと描いてほしい題材です。竜だけでなく馬、拳銃、ライフルなどきちんと調べてかっちり描くと実力になります。実際描いてみると本当に難しいのですが、架空の生物であるモンスターですが関節や筋肉などを意識しないと生物らしさがでません。モンスターとは言っても、骨格、筋肉も大切です。そこをきっちり描き切った木村さんはえらい。
 構図は課題ですね。この構図はシンメトリー構図といって左右対称の構図です。宗教画にもよく使われるような、印象の強い構図になります。その意味では成功しているといえます。しかし上下に主人公とドラゴンを配置したため、それぞれのサイズが小さく、せっかく細かく描いている表情が少し小さく感じます。今後は構図の研究を深めていくといいですね。
 かっこよいイラストの構図を比べてみるのもいいと思います。意識して構図を見ているといろいろ発見がありますよ。

イラコンカラー のコピー.jpg
3年生の渋川さんの作品です。
色がいいですね。大人っぽい色彩です。この作品は渋川さんが2年生の時の作品です。
レイヤー効果を上手に使っているので、人物、背景とも色彩が飽きません。
渋川さんの作品はロマンチックな小物をチョイスするのが上手い(センスがある)ですね。
ここは、ほかのみんなにもマネして欲しいですね。




 
posted by sgh5 at 13:45| アニメ・アートコース

センシン・デジタルワールド(夏休み自主作品)

夏休みは、まとまった時間があるのでアニメ・アートにとっても大切な時期です。
そんな中で、自主的に作品を作ってくれた人たちの作品を紹介します。
いざわ.png

3年井澤さんの作品です。
 井澤さんは、マンガ家志望なので、今回はマンガの表紙をイメージして描いています。
(作品コンセプト)
 この軍人は、私の考えている漫画の主人公です。祖国を他のなによりも愛しており、その呪いめいた愛国心が彼を人間から遠ざけてしまった「不老の軍隊長」という設定です。
このイラストを描くにあたって「これだけは入れたい!」と思ったものが「マント」。ひらひらしているのに何故か重量感を感じれ、絵にいっきに動きを与えれるところが大好きなのです。高校2年生のころ進級制作で描いた絵にも赤いマントを入れていました。このキャラクターにとって赤いマントは「隊長の証、愛国心の表れ」の意味を持っています。
こだわった部分は刀です。キャラクターをつくるさい、どの時代の人物かは考えないのですが「明治時代っぽいね」と言われたため、明治時代の刀の資料を見ながらアレンジも加えて描きました。大好きなマントも一番目立たせたかったので、背景をシンプルに、マント以外に赤は使わないようにしました。
(作品コメント)
なるほど!さすが3年ですね。
良いイラストを描くには、世界観が大切です。見ている人をどれだけイラストの中に引き込めるかがイラストの重要な魅力の一つです。(この人成長するな。)と思う人ははやはり、誠実に自分の世界を見つめている人です。きちんとキャラクター(人物像)を考え、敵、味方をきちんと深めていますね。
 イラストは(世界観)です。一見見えないけれど、しっかり伝わります。
 面白いマンガを描いてください。


ムラオ.png

2年村尾さんです。
(作品コメント)
 やっぱり、村尾さん2年ナンバー1のテクニシャンですね。水の表現に工夫が見られます。
 デジタルはレイヤーを工夫することにより、アナログではなかなかできない表現も可能にしてくれます。もちろん、アナログでしか表現できないものもあるので、それぞれの良さを引き出す工夫が必要になります。
 村尾さんの作品はデジタルの良さを上手く引き出してますね。
 人体も難しいポーズですが、きっちり描いています。普段からの練習のたまものですね。

おぐら.png

1年小倉さんです。
(作品コメント)
 努力家の小倉さんは、1年生なのに今回デジタルを頑張ってみました。
  色調を抑え、伝えたいイメージを大切にして雰囲気のある作品ですね。やはりレイヤー効果を上手に使用して、デジタルらしい良さを生かしていますね。デジタルは細部まで描けるのが、良さの一つでもあるので次回は背景に描きこみ要素を増やすことも大切です。もっと世界観を深め描く要素を盛り込むとイラストの深みが出ますよ。1年のレベルを超えています。今後も続けて描きましょう。

まだまだ夏休み作成作品はあります。
もっと、すごい作品を作っていきましょう。




posted by sgh5 at 10:59| アニメ・アートコース

大阪府私学美術展作品

大阪府私学美術展に出品いたしました。
今年度も力作がたくさん出品されました。高校生の心の表現を是非ご覧ください。
本作品は、本校1号階段に展示しております。
3年.jpg

2年1.jpg

2年2.jpg

3年生 規則的侵略 中上さん 優秀賞
    夏の夕   佐々木さん 奨励賞
    掬う    渋川さん 奨励賞
    ゆめユメ  荒木さん
    あおいろ  由地さん 
    闇に浮かぶ猛獣ども 仲西さん
    空の海   小田さん
2年生 落下    田中さん 奨励賞
    にじます  佐々木さん 奨励賞
    おやすみ  大谷さん  奨励賞
    街角    木下さん  奨励賞
    優柔不断  塚さん  
    手をかざして、みたい  塚田さん
    憧憬    滝本さん
    ベルフェゴールの魔女 玉田さん
    隙間    須川さん
    黒猫の姿  木村さん
1年  心の境界  石永さん     
    夏     梶原さん
    緋彗    屋田さん
             
              以上
 
                       
     








posted by sgh5 at 10:06| アニメ・アートコース

2016年08月29日

アニメ・アート、美術・工芸部 宣真幼稚園 壁画プロジェクト(完成です!)

いやぁ暑かった!!
幼稚園の子どもたちを待たすわけにはいけない。そんな使命感(?)をもって、大阪私学美術展が終わった美術・工芸部は幼稚園の壁画の完成に取り組みました。
9.jpg
学校からの麦茶の差し入れをいただきながら頑張ります。
幼稚園の園児のみんなはプールで水遊びをしている横で取り組んでます。
8.jpg
今日ばかりは、とてもうらやましいですね。
今年の夏の思い出はこれに決まりですね。とにかく暑い。
ようやく完成です。
4.jpg
6.jpg
2.jpg
1.jpg
とっても大変でしたが思い出に残る数日でしたね。
3.jpg
子どもたちが喜んでくれるといいですね。
posted by sgh5 at 15:28| アニメ・アートコース