2016年09月28日

第62回宣真高等学校『なでしこ祭』が行われました。

平成28年9月16・17日の両日、池田市民文化会館にて、第62回宣真高等学校『なでしこ祭』が行われました。

なでしこ祭では、1年生は、合唱コンクール、2.3年生は、舞台研究発表で夏休みからの研究の成果を発表しました。今年はどんな発表が行われたのでしょうか。
01.jpg
02.jpg

●1日目、研究発表では、パワーポイントを使いながら行われたのですが、コント形式、舞台形式、ダンス形式、リトミックなどのパフォーマンスもありました。又、新たに影絵劇も加わり多彩な発表につながりました。
●2日目、1年合唱コンクール、音楽選択、人権問題研究会、コーラス部、吹奏楽部、ダンスバトン部、演劇部の各部の熱演もあり、高校生のパワーを感じる2日間でした。

結果発表
《2、3年生 舞台研究発表の部》
最優秀賞 2年9組(看護コース)  沖縄とハワイの暮らしと医療 
優秀賞  2年1組(総合コース)  ハワイと沖縄の民族舞踊
     3年1組(総合コース)  喫煙による健康被害
3位   2年5組(総合・アニメアートコース) 石垣島とハワイの食文化について

《1年生 合唱コンクール》
 1位 1年5組(保育コース)    やさしさに包まれたなら
 2位 1年3組(総合コース)    YELL
 3位 1年4組(総合・保育コース) 未来へ
03.jpg
04.jpg
文科系クラブ(茶道部、華道部、書道部、人権問題研究会、美術工芸部、アニメーション部、パソコン部、手芸部、食物部、園芸部、文芸部)の展示販売も行われました。

                              生徒会
posted by sgh5 at 09:47| 全コース共通の行事

2016年09月26日

アニメーション部活動報告です。

アニメーション部の活動です。

タイトル.jpg
今回は、9月に行われた、なでしこ祭でのアニメーション部作品展の作品の一部を紹介します。
今回も力作を紹介できます!
c.jpg
D.jpg
これはきれいですね!背景も含めしっかり塗られています。単純なことだけと画面全体で絵を表現するのでやっぱり、白い部分なくしっかりと全体に手が入った作品はめだちますね。2点目もコピックの色使いが個性的できれいです。髪の毛の反射部分の表現がとっても良いです。青髪の青年の髪の反射部分(天使の輪ですね。)が青一色で終わらず、紫、水色、緑などが配色されており、きらめく感じが表現されています。この2点の色の使い方は、みんなに真似して欲しいところです。
 今後は全身でもっとイラストを表現してほしい!もっと世界観を1枚の絵で魅せきる構図の力を養うともっもっと個性が表現できますよ。

a.jpg
 次の2点も力作です。上の作品を書いたOさんは、2年生らしく、ポーズをしっかりマスターしているので今後の成長が予感されます。2人の表情がとても良く。この物語はどんな物語だろうかと惹きつけられます。背景も研究中なので今後が楽しみです。
下の絵も物語が感じられますね。先生がイイナと思っているところは、髪型の変化をしっかり表現しているところです。女子高らしくみんなやっぱりファッションは気になっているはずです。だからこそキャラの髪型は重要です。結んでみたり、アンシンメトリーにしてみたり、自分がやってみたい髪型をどんどんデザイン化すべきじゃないかな。
 表情も変化をつけているので物語が感じられ、この2点は◎です。惜しいのは背景!もっとドラマチックに盛り上げてね。背景をつけると雰囲気がUPしますよ。

b.jpg
左の作品はチャレンジが感じられます。3人の関係がうまく描かれています。いいですね。
惜しいのは背景。たぶん街なのかな。街はこんな風に側面から描くのは良いと思うのですが、窓や扉はその時代で変化するので、ちょっとヨーロッパの窓や扉を調べ、デザインとして取り入れると絵が何倍もかっこよく見えます。 たとえばこんな扉とか・・・・
usj.jpg
(写真はUSJのハリポアトラクションです。)研究してね。
右は、おしゃれな感じがしますね。色の塗り方が丁寧でいいね。背景はないけど、画面配置は良いね。対角線にキャラを配置して(X構図と呼ばれる構図です)バランス感を感じます。青い少女の髪の毛の流れがなかなかバランスよく配置されてます。◎です。

E.jpg
左の作品ですが、目の描き方に個性を感じます。瞳に深いこだわりを感じます。構図ですがせっかくのリボンですから下側に固めずにもっと全体の配置を意識すると良いですね。
右の作品はかわいいなあ。かわいい。もう少し構図の意識を持てばもっと世界は広がるよ。この2人は、草原で花輪を作っているのかな? 王子と姫なのかな。広がりそうな世界なので今後は楽しみです。

新宮.png
デジタル作品です。ベールをかぶった少女。ミステリアスですね。
主題である女の子の色の深さはなかなかです。もったいないのは上側の模様です。少し派手なのでコントラストが強すぎて女の子より目立ってしまっていますね。レイヤーの不透明度を下げてもう少し印象を弱めても良いのではないかな?デジタルは好きで続けていくとどんどん上達するものです。また授業で質問してね!

なかなか、今年も実力が向上してきました。次の作品も期待します。
posted by sgh5 at 20:40| アニメ・アートコース

2016年09月08日

文化祭(なでしこ祭)について

9月16日(金)、17日(土)の2日間、文化祭(なでしこ祭)を行います。
 今年度は両日共に池田市民文化会館にて行います。
 9月16日は、コンベンションルーム、通路での文化クラブの展示発表・販売、保護者会バザーと大ホールにおける2、3年生各クラスの研究発表です。
 9月17日は、大ホールにおける1年生の合唱コンクールと人権問題研究会・音楽選択・コーラス・吹奏楽・ダンスバトン・演劇の各クラブの演技・発表です。

 なお、池田市民文化会館の収容人数の関係で、保護者の皆様・卒業生については、9月16日の大ホールへの入場は抽選にさせていただいています。悪しからずご了承お願いいたします。
 9月17日の大ホールへは、事前に確認させていただいた、演技・発表する文化クラブの部員のご家族・卒業生の方のみご入場いただけます。
 
 何卒、ご理解、ご了承よろしくお願いいたします。また、ご来場の際は、自家用車でのご来場はご遠慮ください。

○コンベンションルームの見学可能時間帯
   午前9時30分から午後4時30分
 文化クラブの物品購入が可能な時間帯は
   午前9時30分から午前11時30分 と
   午後1時45分から午後3時45分 です。
 ※保護者会バザーは午前9時30分から午後2時45分ごろまで、購入可能していただけます。

○9月17日の大ホール
   午前11時00分から午後4時30分ごろまで、事前に確認させていただいた、演技・発表する文化クラブの部員のご家族・卒業生の方のみご入場いただけます。
 

posted by sgh5 at 19:36| 全コース共通の行事

2016年08月30日

センシン デジタルイラストレーション2 (夏休み自主作品)

夏休み自主作品の続きです。

学校用.jpg

1年生木村さんの作品です。
 1年生のレベルではないですね!迫力あるイラストレーションですね。特にモンスターいいですね。ドラゴンです。王道のデザインですが、木村さんのように一度きちんと描いてほしい題材です。竜だけでなく馬、拳銃、ライフルなどきちんと調べてかっちり描くと実力になります。実際描いてみると本当に難しいのですが、架空の生物であるモンスターですが関節や筋肉などを意識しないと生物らしさがでません。モンスターとは言っても、骨格、筋肉も大切です。そこをきっちり描き切った木村さんはえらい。
 構図は課題ですね。この構図はシンメトリー構図といって左右対称の構図です。宗教画にもよく使われるような、印象の強い構図になります。その意味では成功しているといえます。しかし上下に主人公とドラゴンを配置したため、それぞれのサイズが小さく、せっかく細かく描いている表情が少し小さく感じます。今後は構図の研究を深めていくといいですね。
 かっこよいイラストの構図を比べてみるのもいいと思います。意識して構図を見ているといろいろ発見がありますよ。

イラコンカラー のコピー.jpg
3年生の渋川さんの作品です。
色がいいですね。大人っぽい色彩です。この作品は渋川さんが2年生の時の作品です。
レイヤー効果を上手に使っているので、人物、背景とも色彩が飽きません。
渋川さんの作品はロマンチックな小物をチョイスするのが上手い(センスがある)ですね。
ここは、ほかのみんなにもマネして欲しいですね。




 
posted by sgh5 at 13:45| アニメ・アートコース

センシン・デジタルワールド(夏休み自主作品)

夏休みは、まとまった時間があるのでアニメ・アートにとっても大切な時期です。
そんな中で、自主的に作品を作ってくれた人たちの作品を紹介します。
いざわ.png

3年井澤さんの作品です。
 井澤さんは、マンガ家志望なので、今回はマンガの表紙をイメージして描いています。
(作品コンセプト)
 この軍人は、私の考えている漫画の主人公です。祖国を他のなによりも愛しており、その呪いめいた愛国心が彼を人間から遠ざけてしまった「不老の軍隊長」という設定です。
このイラストを描くにあたって「これだけは入れたい!」と思ったものが「マント」。ひらひらしているのに何故か重量感を感じれ、絵にいっきに動きを与えれるところが大好きなのです。高校2年生のころ進級制作で描いた絵にも赤いマントを入れていました。このキャラクターにとって赤いマントは「隊長の証、愛国心の表れ」の意味を持っています。
こだわった部分は刀です。キャラクターをつくるさい、どの時代の人物かは考えないのですが「明治時代っぽいね」と言われたため、明治時代の刀の資料を見ながらアレンジも加えて描きました。大好きなマントも一番目立たせたかったので、背景をシンプルに、マント以外に赤は使わないようにしました。
(作品コメント)
なるほど!さすが3年ですね。
良いイラストを描くには、世界観が大切です。見ている人をどれだけイラストの中に引き込めるかがイラストの重要な魅力の一つです。(この人成長するな。)と思う人ははやはり、誠実に自分の世界を見つめている人です。きちんとキャラクター(人物像)を考え、敵、味方をきちんと深めていますね。
 イラストは(世界観)です。一見見えないけれど、しっかり伝わります。
 面白いマンガを描いてください。


ムラオ.png

2年村尾さんです。
(作品コメント)
 やっぱり、村尾さん2年ナンバー1のテクニシャンですね。水の表現に工夫が見られます。
 デジタルはレイヤーを工夫することにより、アナログではなかなかできない表現も可能にしてくれます。もちろん、アナログでしか表現できないものもあるので、それぞれの良さを引き出す工夫が必要になります。
 村尾さんの作品はデジタルの良さを上手く引き出してますね。
 人体も難しいポーズですが、きっちり描いています。普段からの練習のたまものですね。

おぐら.png

1年小倉さんです。
(作品コメント)
 努力家の小倉さんは、1年生なのに今回デジタルを頑張ってみました。
  色調を抑え、伝えたいイメージを大切にして雰囲気のある作品ですね。やはりレイヤー効果を上手に使用して、デジタルらしい良さを生かしていますね。デジタルは細部まで描けるのが、良さの一つでもあるので次回は背景に描きこみ要素を増やすことも大切です。もっと世界観を深め描く要素を盛り込むとイラストの深みが出ますよ。1年のレベルを超えています。今後も続けて描きましょう。

まだまだ夏休み作成作品はあります。
もっと、すごい作品を作っていきましょう。




posted by sgh5 at 10:59| アニメ・アートコース

大阪府私学美術展作品

大阪府私学美術展に出品いたしました。
今年度も力作がたくさん出品されました。高校生の心の表現を是非ご覧ください。
本作品は、本校1号階段に展示しております。
3年.jpg

2年1.jpg

2年2.jpg

3年生 規則的侵略 中上さん 優秀賞
    夏の夕   佐々木さん 奨励賞
    掬う    渋川さん 奨励賞
    ゆめユメ  荒木さん
    あおいろ  由地さん 
    闇に浮かぶ猛獣ども 仲西さん
    空の海   小田さん
2年生 落下    田中さん 奨励賞
    にじます  佐々木さん 奨励賞
    おやすみ  大谷さん  奨励賞
    街角    木下さん  奨励賞
    優柔不断  塚さん  
    手をかざして、みたい  塚田さん
    憧憬    滝本さん
    ベルフェゴールの魔女 玉田さん
    隙間    須川さん
    黒猫の姿  木村さん
1年  心の境界  石永さん     
    夏     梶原さん
    緋彗    屋田さん
             
              以上
 
                       
     








posted by sgh5 at 10:06| アニメ・アートコース

2016年08月29日

アニメ・アート、美術・工芸部 宣真幼稚園 壁画プロジェクト(完成です!)

いやぁ暑かった!!
幼稚園の子どもたちを待たすわけにはいけない。そんな使命感(?)をもって、大阪私学美術展が終わった美術・工芸部は幼稚園の壁画の完成に取り組みました。
9.jpg
学校からの麦茶の差し入れをいただきながら頑張ります。
幼稚園の園児のみんなはプールで水遊びをしている横で取り組んでます。
8.jpg
今日ばかりは、とてもうらやましいですね。
今年の夏の思い出はこれに決まりですね。とにかく暑い。
ようやく完成です。
4.jpg
6.jpg
2.jpg
1.jpg
とっても大変でしたが思い出に残る数日でしたね。
3.jpg
子どもたちが喜んでくれるといいですね。
posted by sgh5 at 15:28| アニメ・アートコース

2016年08月24日

平成28年度 四国霊場巡拝

 8月17日(水)〜20日(土)の4日間、総勢24名で在学中の3年間に四国88箇所をすべて参拝する「四国霊場巡拝」に行って参りました。
 今年は、高知県の35番札所清瀧寺から愛媛県の53番札所円明寺までをお参りしました。
お経を唱える姿。真剣です。

四国1.jpg

夕食後はみんなで花火。

四国2.jpg

ジョン万次郎の銅像前で全体写真。

四国3.jpg

二日目の夜はお茶のお手前についてお話しいただきました。

四国4.jpg

生徒や保護者の皆さんは3泊4日の行程を本当に楽しんでいました。「また来年も行きたい!」とみんな言っていたことが、何よりの喜びです。

四国5.jpg
posted by sgh5 at 11:16| 全コース共通の行事

2016年08月12日

サマースクール第六弾! 宣真まんが祭同時開催 声優講座 なんと!【國分 優香里さん 小野涼子さん 宣真高校来校!】大阪エンタテインメントデザイン専門学校協力 トークショー&声優トレーニング

すごい!
大阪エンタテインメントデザイン専門学校の先生の熱意で、有名な声優さんをお招きすることができました。なんと。

01.png

國分優香里先生!!!!!!!
 (所属事務所 株式会社パワーライズ様の資料より)
家庭教師ヒットマン REBORN!(沢田綱吉)
蟲師(ビキ) ゴクジョッ。〜極楽院女子高寮物語〜(尾久要) Holy Knight(カミューラ) まもって! ロリポップ(ゴウ) SDガンダム三国志(子供、村人) アイシールド21(女子生徒) おねがいマイメロディ(飯島直美) おねがいマイメロディ〜くるくるシャッフル!〜(飯島直美) ピーチガール(ナミ、すみれ) 天才ビットくん(セイコー) 妖怪人間ベム(マサル、少女)などなど

そして
02.png
小野涼子先生!!!!!!!!! (所属事務所パワーライズ様の資料より)
【アニメ】 ばらかもん(河本育江) WHITE ALBUM2(小木曽秋菜) スマイルプリキュア!(佐々木先生) 名探偵コナン(喜多川美紀) ましろ色シンフォニー(瀬名愛理) 俺たちに翼はない(玉泉日和子) ヨスガノソラ(渚一葉) ソ・ラ・ノ・ヲ・ト(イリア) FAIRY TAIL(ミラジェーン・ストラウス) 真・恋姫†無双(楽進) 青い花(川崎文子) みなみけ(アツコ) のだめカンタービレ(鈴木薫)
【外画】 ROME(エイレネ) S.A.S. 英国特殊部隊(レベッカ・ギャラガー) エド・ゲイン(エリカ) ザ・ガーディアン(ティファニー) CSI:ニューヨーク 笑傲江湖(藍鳳凰) トナカイのブリザード(エリン) 犯罪捜査官 ネイビーファイル 名探偵モンク2などなど
すごすぎです。
IMG_8724.jpg
IMG_8719.jpgIMG_8699.jpg
IMG_8830.jpg

第一部トークショー
大阪エンタテインメントデザイン専門学校講師、津川先生の軽妙な司会で、お二人の声優という仕事への思いを伺いました。
@声優までの道のり
 やはり、簡単ではないのですね。國分先生の高校生から声優に踏み出すための体験談。小野先生は、就職を経て憧れの声優に進まれる過程は実体験の説得力がありました。
A業界について
 実際の現場の仕事の作法などの説明。アフレコの風景が手に取るように伝わりました。

第二部アフレコ体験
IMG_8809.jpg
中学生、高校生の区別なく積極的に体験させていだきました。

なんと、先生方のご厚意で、プロのお二人と一緒にアフレコ体験までさせていただいて!もうこれ以上言うことはありません!!
IMG_8796.jpg
IMG_8798.jpg

最後はサインプレゼントじゃんけん大会でした。最高な思い出になりましたね。
さらに、参加してくれた中学生にはなんと!なんと全員に!お二人からサイン入り色紙をプレゼントしていただきました。

とにかく、アニメが大好きな私たちにとって最高の1日でした。
國分先生、小野先生、大阪エンタテインメントデザイン専門学校の先生ありがとうございました。


posted by sgh5 at 10:48| アニメ・アートコース

2016年08月09日

サマースクール第五弾! 宣真まんが祭同時開催 京都精華大学 マンガ学部 新世代マンガコース 田中 圭一先生による特別講義「絶対うけるネームの描き方」

マンガは絵だけでなく、ストーリー、ネーム(こまわり)など、全てをコントロールする。いわゆる総合芸術です。面白く、かっこよく、感動させるマンガ作りは、一体どういった所に秘密があるのだろうか?
 今回も先生も興味深々です。
 それでは、今回の田中圭一先生のプロフィールからです。(京都精華大学HPから抜粋)
01.jpg
1984年に「ミスターカワード」でギャグマンガ家デビュー。その後「ドクター秩父山」がヒットし、TVアニメ化される。95年以降はパロディーマンガ家としてのポジションを確立し、現在に至る。
また、デビューとほぼ同時期に玩具メーカーに就職。その後はゲームメーカー、ソフトウェアメーカー、電子書籍会社を渡り歩き、サラリーマンとの二足のワラジを履く兼業マンガ家としても知られる。

なるほど!(マンガだけではない)広がりを持った先生です。モノ作りでどうやって人を楽しませるのだろうか??それをいろんな角度から考え抜かれてきた先生の考える。ネームとはいったいどういった物なのでしょうか??今回は高校生の特別授業に中学生も参加させていただきました。
02.jpg
今回も人数が多いですね。
03.jpg
どうやら、キャラクターの性格設定にまず秘密があるようです。
04.jpg
05.jpg
07.jpg
先生は京都精華大学マンガ学部で【新世代マンガコース】で指導されます。新世代マンガコースとは、大学のHPには、「新世代マンガコース」は、マンガの新しい可能性を広げ、次世代のマンガ家を育むことをモットーに新設しました。 紙の本によって収益を得るビジネスモデルが大きな変革期を迎えている今、これからの「描き方・読み方・売り方」に即応できるカリキュラムを用意して、新しいスタイルで発信できる作家を養成します。
その作家像は、従来の職人的なマンガ家のそれとは違う、プロデューサーやマーケッターの資質を兼ね備えた総合的なエンタテインメントの創作者です。と書いてあります。ただマンガを描く技術だけではなく、変化の早い時代に対応できる人材を育成するのが目標だそうです。
生徒のみんなはどんな学びを見つけることができたのでしょうか。作品に生かしてくださいね。
講義後、生徒たちの質問を丁寧に受けていただきました。田中先生ありがとうございました。

宣真マンガ祭報告
09.jpg
中学生のみなさんは缶バッチ作りです。前回から参加の生徒さんもたくさんいるので高校生の先輩のアドバイスをもらいながらどんどん作りました。最近の中学生は上手いですね。
10.jpg10.jpg
12.jpg12.jpg
11.jpg11.jpg
O3AdEfBX5q5Wd9q1470736616.jpgO3AdEfBX5q5Wd9q1470736616.jpg
今回のプレゼントはクロッキー帳です。しっかり練習してね!
明日は最終日の声優講座です。










posted by sgh5 at 19:08| アニメ・アートコース